2017年12月11日月曜日

アドナイ・イルエ

12/9(土)に飯塚に行きました。
いつも招いてくださる教会です。
いつもの謝礼とは別に、クリスマスにケーキでも買ってと特別献金をいただきました。
驚きでした。
というのは、どうしても必要なお金があって祈っていたからです。

そして12/10日曜日、朝から祈り、そして礼拝に出て事務所で休憩していると、
会計の方が、いきなりやってきて、イザヤ牧師あての献金があります。と分厚い封筒を渡してくれました。
今日支払わなければならない私にとっては多額の必要がありました。
それにぴったりの金額でした。
神様を恐れました。
そして教会の恵み、捧げられた方に言葉にできない感謝が溢れました。

それと同時に
イスラエルにも教会の方から捧げられて行くことができ、
今回も教会の方に支えられて支払いができ助けられて、
とても嬉しいのですが、
何か申し訳ないような気持ちがあります。
私も何か仕事をしたほうがいいのかもしれない。
今、そう思い始めています。
でも仕事をする力と勇気が自分にはたりないのです。
神様にすがって、御心を行えるように祈ります。
主よ、憐れんでください。
主よ、あなたの御心を行えますように。
勇気をください。

isaiah



























むむむ照りました

2017年12月9日土曜日

妻と共に久しぶりのラジオの生放送!!!

昨日、久しぶりに妻とラジオをしました。
やはり一緒に奉仕をすることはいいことですね。
とはいえ、最初呼吸が合わず、
私の方がとちることが多くて迷惑をかけました。

妻はまだキリストを知らない人に伝えることに使命感を持っていて、
わかりやすく、彼らの視点に立って、とても優しい声で話すので、
私が聞いていてもいいなーと思います。
あのような優しい声で、あんな話し方で、
私にも話してくれたらなーなどと思ったりもしますが・・・

でも妻は、やはり自分で考え、自分で主に聞き、
これが御心だと確信したところを歩んでいくのが好きなのだろうと思います。
そうして賛美の働きや山里ゴスペルクラブの働きはとても祝福され、実もついてきました。
最近では、一緒に市役所に行っても、
「いまでもライブはされていますか。」とか、
スーパーのレジで、
「ゴスペルをされていた方ですよね。」とか。
よく声をかけられます。

忠実にしてきたことを神様は見てこられたのだと思います。

私はというと、
ひたすら弱さを感じるこの頃です。
主に対する信仰と希望は、なぜか失われていませんが
主への愛も今も間違いなくあるのですが、
にもかかわらず、自分の奉仕に対して、
もっと誠実に、もっと忠実に、できればいいのにな・・・
と悔い改める日々です。

一人では何もできないけれど・・・
好きだった「奇跡」という賛美の出だしです。
本当に一人では何もできない。
だから教会が必要なのですね。
もっと本音を言えば、
自分のために仕えてくれる人、助けてがいればと思います。
私の奉仕が祝福されることが喜び、
そう心の底から思える人、
でもそれは母親みたいですね。

プロ野球の有名な選手や大記録を作る人の多くは、
年上の妻が多いのですが、
そういうこともあるのかなと思ったりもします。

神が結びあわせた、妻と私、
愛することが私の生涯のテーマでした。
全くその愛を生きてこれませんでしたが、
58歳、もうそろそろ神の恵みの中で、
神の愛を流すことのできる歩みの中に入りたいと思います。

それは、まず家庭、家族の中から、
そして妻に対してなのだろうと思います。

諦めずに主にすがりながら、進んでいきましょう。
「神を信じなさい。」
「天の神ご自身が、私たちを成功させてくださる。」

isaiah

2017年12月8日金曜日

アドナイ・ラファー = 主は癒し主

回復してくださる神

主イエス・キリストの十字架は
私たちの病気を癒し直してくださる。
その証はたくさんあります。

また心と精神の病気も癒して、
心を健やかに完治してくださいます。
統合失調症も躁鬱病もパニック障害も・・・
実際に癒されて完治した方々が
私の仕えている教会にはおられます。

それとともに、
主イエス・キリストの十字架の愛と復活の力は、
体と心を癒すだけではなく、
私たちの壊れてしまった人間関係を、
回復してくださるのです。

冷めた夫婦関係、
傷ついた親子関係、
世界中にある嫁と姑の問題、
裏切られた友人への憎しみ、
兄弟姉妹、同僚、上司と部下、先輩と後輩、

壊れてしまった人間界、
もう回復不可能な関わりを神様は回復して、
赦し和解できるようにしてくださるのです。

そして、
あなたの失われてしまった人生、
神の計画を取り戻してくださるのです。
それが十字架と復活の恵みです。

人は誰も皆、
必ず神の用意された最善にして最高の人生の計画があります。
しかし、それを生きている人は稀なのです。
神様はイエス・キリストを信じる時、
その神の計画を人々の中に返してくださるのです。
どんなに遠回りしていても、
そこから全てを益として最善に変え、
神の計画の中に戻してくださるのです。
それは最高の人生、
喜びと生きがい、希望とビジョンのある人生です。

アドナイ・ラファー
主は癒し主。
回復してくださる方なのです。
イエス・キリストの十字架の愛によって、
復活の力と恵みによって、
主イエスは、回復してくださるのです。

isaiah

2017年12月6日水曜日

T牧師の気持ちを詩にしてみました。

久留米に行きました。
T牧師の喜びはつきません。

そこで、T牧師の気持ちを
詩にしてみました。
私が作りましたので、
正確かどうかはわかりませんが、
ほぼ合っていると思います。


ありがとうの一言で・・・

いつも嫌な顔をされて、
断られていた僕の傷ついた心に、
君の言葉は驚きでした。

今で聞いたことのない答え
「ありがとうございます」
そう言った君の一言で、
僕の心は君に捕らえられてしまった。

喜んで奉仕する君、
感謝して僕の願いを聞いてくれる君、
そんな君と一緒に人生を歩きたいと思った

夢がかなった今、
僕の喜びは尽きない、
君と過ごして思う、
僕の選択は正しかったと。

今度は僕が君に言おう。
「ありがとう、心からありがとう」と。

2017年12月3日日曜日

祈りの答え

最近、祈りの答えがよく与えられる!
小さなことなのだが、それが大切なのだ!
小さな答えが積み重なると、大胆に祈れるようになる。

祈りのノートが、先日大分で与えられた。思わぬ人から!
十数年ぶりに会った方から、突然与えられた。
そして、今日も答えられた!
これは秘密です。

木曜日に、久しぶりにお医者さんに行きました!
痩せる漢方薬をもらいました。
無呼吸症候群の機械をつけているので、毎月五千円ほどかかります。
余程止めますと言おうと思ったのですが、今回は思いとどまりました。

明日から、いや今日から12月の礼拝が始まります。
この月、神様の大収穫に期待します。
来月からも奉仕に専念できますように!
Isaiah

iPhoneから送信

2017年11月29日水曜日

娘とのデート、今月はできない・・・

水曜日、朝一の飛行機で東京へ。
昨日行けなかったので、
娘の大学での部活でのミィーティングができなかった。
それも感謝である。

また、娘と月一のデートの食事も
こちらのミィーティングと
娘の授業とバイトが上手く噛み合わずできなかった。
それもやはり感謝である。

実は、今はご馳走してあげるだけの経済が全くない。
だから、神の憐れみだったのかもしれない。

食事をするより、祈ることにしよう。

娘は神の大きな恵みの中で、
教会からカンボジアに、
大学から医療ボランティアでフィリピンに
行こうとしている。
そのすべての必要が満たされている。

教会の恵の中で、
祈ることを学び、奉仕する喜びを感じながら、
健やかに信仰が成長している。
ただただ感謝である。

他の子どもたちへの神様の恵みと愛、祝福は尽きない。
それを楽しみに祈ることにしよう。
子どもたちに十分にしてあげれない父親だけど、
父なる神様は、この子たちに溢れるほどに祝福と恵みを注いでくださるお方だから・・。
この方に祈ろう。
私の願いではなく、
子どもたちにとって、
最高しか与えれない父なる神様の導きと祝福の中を、
必ず生きることができるように。

天の神ご自身が、私たち家族を父親として、子どもとして、息子として、娘として、成功させてくださる。

神様、成功させてくださったことを感謝します!!!!!!

2017年11月28日火曜日

バスの時間を間違えて・・

朝から宮崎で聖会。
そしてスシローでお昼、
バス停に行ってバスに乗ろうとしたら、
私が行き先を間違えていました。
その結果、熊本行きは出た後・・・
一時間待って乗ることに・・
熊本の方にご迷惑をかけました。
こんなことが最近、よくあります。
感謝です。

熊本に一時間ついて到着。
とても祝福された時間を過ごして、
再び高速バスに乗車。
今度は間違えない。

明日は東京です。
四女が今日行くと思っていたようで、
大学でサークルのミィーティングをして
私に何か話して欲しかったようです。

こちらも申し訳ないことをしました。
誰か秘書をしてくる人がいれば・・・
でも、秘書を持つほどのこともまだしていないかな。

明後日は久しぶりの休み、
今から楽しみです。

そういえば、
宮崎の牧師夫人が、
たっくんの7周年の記念会の映像を見て
合流して感動したといつていました。

是非、多くの方に見て欲しいですね。
クリスチャンであることの素晴らしさを
体験できると思います。

isaiah