2017年5月18日木曜日

南九州大会で起こった奇跡

先日行われた『J-ゴスペルコンテスト九州地区予選決勝大会』には、
南九州、北部九州、長崎県の各ブロック予選を勝ち上がってきた29チームが出場しました。

実は、4月に行われた南九州予選の時に、私のとても感動した話を予選の後で聞きました。
そのお話しを書きたいと思います。

神のしもべ長崎教会のオンラインを熊本でされている3人の夫人の方々がチームを作って、南九州のブロック予選に参加されました。
その中の一人のご婦人の方の娘さんで、中学二年生方がドラムを習っているので、練習して一緒に参加する予定でした。
ドラム教室の先生も楽しみにしてくださっていたのです。

ところが、今年熊本で持たれた南九州地区予選の会場は、ドラム持ち込み禁止で、ドラムは叩けなかったのです。
お母さんもお嬢さんも先生も、がっかりされました。

でもそこで、お母さんは、あきらめませんでした。
「そうだ、九州地区予選に出られれば、そこならドラムが叩ける!
そう思ったお母さんは、祈り始めました。
「イエス様、私たちの賛美チームが上位に入って、九州地区予選に出られるようになるのは、はっきり言って不可能です。
 でも、娘もドラムの先生もがっかりしています。
 どうか、この娘にドラムを叩く機会を与えてください。先生にも、もう一度、目標をもって教えてもらえるようにしてください。
 あつかましい、図々しい祈りであることは十分にわかっています。
 でもイエス様、あなたに不可能はありません、
 どうか、お願いです。上位に入りますように。九州地区予選に出られるようになりますように。イエス様、お願いします。」

そして、お嬢様とも一緒に心を合わせて、不可能に向かって祈り始めました。

当日、今までで一番の最高の賛美ができました。
それでも正直言って、上位には、入れそうには思えませんでした。

24チーム中の7位までに入らないと九州地区予選には出られません。

いよいよ発表の時が来ました。
10位から発表されました。
10位にも9位にも8位にも入っていませんでした。
そして、7位の発表の時、期待しました。
でもダメでした。
もしかして6位にと思いましたが、入っていませんでした。
もうダメだと思いました。
やはり5位には入っていません。

やはりダメだったのかと思いがっかりしていると、
4位の発表の時、「九州ゴスペルクラブ熊本」と彼女のチームが呼ばれたのです。
もうびっくりしてしまいました。
3人とも驚きを越えて、「エーーーー本当、奇跡だ!!!!!」と叫んでいました。

主イエス・キリストの父であり、私たちの父である神さまは、
このご婦人とお嬢さんの心を一つにした願いに答えられたのです。
お母さんの愛によって働いた神への信仰の願いは、天に届いたのです。

2017年4月29日土曜日

選曲、そして78.1キロ!!! Re: 29日の日記

賛美大会が近づいてきました。
今、選曲で迷っています。

当初、「十字架の上から」で決まっていたのですが・・
つい先日、ダビデ前田牧師がこられた時に、
共に昔の賛美「あなたのみ前に」を賛美して、
それから、いつも頭を巡っています。

どちらにしようかと迷っています。
最初からコンテストとかではなく、
とにかく礼拝をしようと思つているので・・

明日の礼拝で決めましようか・・・

ところで、今朝78.1キロになりました。
もうすぐ77キロ台が見えてきました。
やはり野菜効果ですかね。
でも、どうしてもお菓子を食べてしまうので・・
それがなければもっと痩せると思いますが・・
まぁ、慌てずに焦らずに行きましょう。

isaiah

2017年4月18日火曜日

熊本地震1周年コンサート  Re: 15日の日記

4月15日、今日は次男の誕生日。
そして1年前、熊本で前震と本震が起こった間の日。

それで、熊本益城の仮設住宅に賛美隊としていくことになりました。
1週間前に急に決まったので、
もう予定が決まっていたので来れない教会もありましたが、
それでも宮崎、大分、佐世保、諫早、人吉から駆けつけてくださり、
長崎からの我々と熊本在住のオンラインのメンバーで賛美隊として立ちました。

朝、7時半に教会を出て平良港へ。
2台で出発しましたが、
私たちの車が少し遅れたため、
先の車が1台早いフェリーに乗り先に長洲航に着き、
集合場所の益城インターへ。

私たちは遅れること1時間、長洲港に着き益城インターへ。
下道で行くつもりが、
アイフォンを頼りに行くと、
菊水インターに着き、高速で行くことになりました。
気づくのが遅く、
もう下道では間に合わないので、高速に乗りました。
やはり高速は早かったですが・・

それから、礼拝する場所に行く予定でしたが、
時間がかかったので、
益城の仮設住宅に行き、
そこでまず五分だけ礼拝をして、
それからマイクやPA、楽器等の設定を行い、リハーサル。

そして、午後2時からいよいよ本番、
妻がMC、少し早口になっている気がします。
私と結婚していつも焦って前へ、前へと行く癖がついたのでしょうか。
申し訳ない気がします。
でも、人々は真剣に聞いています。

そして終盤、私も賛美する時が来ました。
その直前、
私が特に示されることがないと言っていたので、
妻が十字架と復活の話をしました。

と、その時に・・犬が入ってきました。
可愛らしい犬が・・みんなの目がそちらに一気に行き、話し声も・・

十字架には、こんなにもぶつかりが来るのかと・・・

それと、本来私が語るべきなのに、
私がしっかり受け取らなかったから・・
申し訳ない気が再び心を覆います。

もうすぐ結婚30周年、
これからは、
しっかり私の引き受けることは、
私が引き受けていきたいと思います。

isaiah

祝福に満ちた日曜日、J-ゴスペルコンテスト九州地区予選抽選会  Re: 16日の日記

日曜日。
昨日の熊本遠征が効いたのか、
咳が出て、苦しい状況になりました。

5時半からのスタッフの礼拝をしていると、
途中で一人の男性が入ってこられました。
富山から学会で来ておられた方です。
復活祭のイースター礼拝をするために、早朝礼拝に来られたのです。

6時からの早朝礼拝に出て行かれました。
喜んで帰って行かれたのこと、
私たちにとっても大きな祝福でした。

7時半からの礼拝。
自由にみことばを語ることができました。
少し自由になりすぎたかもしれません。

10時からの第二礼拝、メイン礼拝です。
先週に続いてY兄がこられ、
J姉妹のお友達が佐世保から来られ、
カトリックのM兄も先週に続いてこられました。
コンゴのY兄もコンゴのj姉妹を、連れて来て下さいました。

何かが動き始めています。
聖霊様の働きが始まって来ています。

午後の礼拝にも、久しぶりのFさんが来られ嬉しかったです。
ただ立って話せなくなり座りました。

それでインターナショナルに出れませんでした。
イースターサンデーに出られず、S牧師に任せました。

夜は、長崎カリスマ聖会の後、
5月3日に行われるJ-ゴスペルコンテストの抽選会と打ち合わせ会を行いました。
いよいよ今年も賛美大会です。

主のしもべも出ることになっていますが、
今、辞退しようか、迷っています。

聖会も抽選会・打ち合わせ会も、
とても祝福された時となりました。
九州各地からこられた方、
特に鹿児島や宮崎から来て下さった牧師たちには、
本当に感謝です。

isaiah

結婚30周年に訪れた岐阜の妻の実家   Re: 17日の日記

今日で、結婚30周年です。
妻と共に飛行機に乗って、長崎から中部国際空港へ行き、
そこから岐阜の妻の実家に行きました。

車で迎えに来てくださった妻の両親と共に、
食事に行き、それから実家に行きました。
私は体調が良くないので寝かせてもらいました。

夕飯の時に起こされ、一緒に食事をした後、
両親に30年前の悔い改めと感謝をしました。

キリストの十字架だけを見上げて、
キリストの十字架だけを伝えたくて、
一途になってした結婚式、
よく言えば純粋だった。
でも言い換えれば、
自分たちのことしか見えていず、
自分たちのことしか考えていなかった。

30年経って、やっとそのことがわかります。

今まで色んな人に十字架を負わせて、
祝福と恵みを受けてきた人生、

ここから・・・
黙って十字架を負う人生に入りたい。
静かに、喜んで十字架を負い、
感謝をしながら、賛美をささげながら、
十字架をしっかり負い続ける人になりたい。

一番近くにいる妻に祝福と恵みが流れ、

8人の子どもたちに、
彼らが、どんなに遠くに離れていても、
神様の愛と真実が注がれ続けるように、

教会の主イエスが牧会されている方々に、
主イエスの恵みと愛が溢れて流れ出すように、

リバイバルという大きな神の愛のうねりの中で、
主イエス・キリストを愛して、
主の十字架を負って、従いていきたい。

永遠という価値の中で・・・

isaiah

2017年4月11日火曜日

娘と何度もメールのやり取りをしました・・・給付奨学金のために。  Re: 10日の日記

今日は、昨日早く寝たので、と言っても12時過ぎですが、
朝5時前には目が覚めました。

それで妻と少し祈り、一緒に早天に行き、
6時前には浦上駅まで送ってもらいました。
博多まで行き、そこからバスで宮崎へ。

宮崎でスシローに入り、食事を済ませて、聖会会場へ。
久しぶりの方も来られ、とても祝福された聖会でした。

そして再びバスで、今度は基山経由で長さはへ帰ります。
そのバスの中で、
6月に来てくださることになったザンビアのMO宣教師と連絡を取り、
九州の教会にも連絡をとって、予定を仮で決めました。

また土曜日に行くことになった熊本益城地震一周年のコンサートのことも、
色々と決めることができました。

それと、四女の奨学金、給付奨学金のことで、
メールのやり取りをたくさんしました。
娘とこんなに何度もやり取りしたのは初めてです。
奨学金をもらわなくてもいいぐらい経済力があればいいなと重ましたが、
なかったから、こうして何度もメールしたり色々と連絡し合うので、
全部、神様は益に、最善にしてくださっているなーと思います。

三女からもメールがあり、今日は女の子と色々とメールのやり取りをしました。
父親としては楽しかったで石、嬉しような気持ちです。


バスで帰り、家に着くのは12時過ぎ、1時前になります。
今日も早く眠れますように。

今週は受難週、
明日も早天に行き、賛美し礼拝し、みことばを語り祈れますように。

isaiah

2017年4月10日月曜日

男性が救われました !!!  Re: 9日の日記

今日は、日曜日。

早朝のスタッフだけの礼拝、
これがとても深い臨在があり良かったです。
そして早天祈祷、今日は妻も出ることができました。

第一礼拝iに、徹夜に続いてS兄が来られました。
特別賛美があったからだと思いますが、
女性ばかりでしたので、
男性が来るように祈っていたので、男
性が来て嬉しかったです。。

第二礼拝には、20代の男性が平戸の牧師の紹介できました。
社会人男性です。
そして、救われました。
明確に、はっきりと!!!
素晴らしいですね。
何かがは自まつていますね。
第二礼拝には、今、若者がとても少ないので、
20代と30代の人たちが来るように祈っていたので、
祈りがここでも答えられました。

午後は今日は任せて、それからインターに出ました。

夜の礼拝が終わり、
家に帰ってからウォーキングマシンに乗り、
風呂に入って寝ました。
日付が変わる12時には床についたので、
私にしては早かったです。

isaiah